トーシン ビヤ樽ポルカ BB-450 b2b04xogg6170-鉢、プランター

立場や状況により「答え」が変わってくると伝えた1000円のチケットを買わなければならない……高い

トーシン ビヤ樽ポルカ BB-450 b2b04xogg6170-鉢、プランター

【トーシン】ポリレジンに石を練り込み強度を高めた素材です。




商品番号10091401
メーカー名トーシン
サイズ幅 406.0mm × 奥行き 406.0mm × 高さ 420.0mm
通常納期14日後以降発送(要問合せ)
容量32
用途屋外
直径(mm)450
重量(kg)18
デザインナチュラル
配送区分5
※商品により配送可能エリアが異なります。
配送エリア表をご覧ください。
工事対応この商品は工事を承っておりません。


使い込まれたビヤ樽の風合いをそのままに再現。4 種類のサイズを組み合わせて変化をお楽しみください。屋内でも屋外でもあたたかな緑化空間を演出します。


トーシン ビヤ樽ポルカ BB-450

鬼怒川の氾濫などで大被害となった「平成279月関東・東北豪雨」(気象庁命名)の被害では、全国で8名の方がなくなり(9月25日総務省消防庁発表)、たくさんの住宅に被害が発生しました。茨城県や栃木県での被害住宅数等がまだ固まっていませんが、全国での被害は床上浸水だけで7000棟を超え、床下浸水は12000棟にもならんとしています。今後数字はまだ増えると思いますが、何十年、あるいは何百年に一度の大災害では、一生の買い物のはずであった家もあっけなく被災してその形がなくなることもありうるのだということを私たちは肝に銘じておかねばなりません。

このような事態に備えて準備をしておくのが住宅への損害保険なのですが、注意しなければならないのは損害保険でも自然災害での補償(保険金)が受けられないものがあるということです。一般的な住宅保険は基本が火災補償から始まっています。かつて日本では火災が多く、木造という燃えやすい構造であったことから、まず火事の損失をカバーしなければならないという必然性から生じたものですが、火気器具の性能向上や、消火器具の普及、公設消防力の整備などで、時代とともに火災のリスクがかなり抑えられてきており、火災だけでは住宅の災害補償は不十分だという認識が定着してきました。そこで風による損害(竜巻や突風、台風などの強風)や雷による損害も、基本的な火災と同様に基本リスクとして担保されるようになり、さらに総合保険でカバーされる水害や土砂災害もいまやカバーされる基本リスクに含まれているのが保険会社からのおすすめ商品としてはごく当たり前になってきました。むしろ現代では水害リスクを不担保としている契約は珍しいのかもしれません。とはいえ、契約書類には水害不担保に押印をする欄があります。もしこの災害で保険金が支払われなかったとしたら、経済的にはたいへんつらいものがあります。このような事態を避けるためにも、お住まいの地域に水害リスクがあるかどうかは、ぜひハザードマップ等で確認し、もしある場合には水害が補償される保険を契約されることをお勧めします。

この火災保険も来る10月から料率が改定され、おおむね高くなるところが多いようです。西日本を中心に自然災害による保険金支払いが増えていることがその原因と説明されているようですが、被災当事者でなくてもこのような機会に自分の置かれているリスクと保険について一度考えていただくきっかけになればと思います。

立場や状況により「答え」が変わってくると伝えた あすつく対応 石崎電機(SURE シュアー) [SSS-500I] 板金ハンダゴテ セラミックヒーター SSS500I ポイント5倍
タジマ 縦型リール式安全帯ワンタッチベルトセットMR150シリーズ L2フック TR150L2WB【直送】三甲(サンコー) 液体輸送用プラスチックドラム 〔オープンタイプ〕 PDO 75L-1 UN認定 ブルー(青)〔代引不可〕【同梱不可】
コメント

常総市に大打撃を与えた鬼怒川決壊による水害からほぼ半月がたちました。被災地の復興はまだ長い道のりがありますが、これから涼しいシーズンに向かうので、まだましなほうなのかもしれません。私が調査した一番ひどい水害は1982723日に発生した長崎水害でした。これは梅雨の本当に末期に発生したので、災害後に夏本番となり、遠慮会釈なく照り付ける猛烈な夏の日差しと、300名近い死者を出した大規模な土砂災害との闘いは、壮絶なものがありました。街の中心部をほぼ軒の高さで流れ下った洪水は、観光名所で知られる眼鏡橋を崩壊させ、市の商業地区にも甚大な被害を与えました。もっとひどかったのは山間地の集落で、最上部のところでは集落が跡形もなく貯水湖に飲み込まれているところもありました。斜面の美しさが際立った街だけに、その被害は壮絶なものでした。

常総市でも最初は濁水でどろどろになったので、とにかく泥を掻き出す作業にもっとも労力が注がれたと思いますが、市役所からは消石灰や消毒液など、自宅周りや内部に散布するものが配布されています。下の写真はその一部です。ほぼ30年前の1986年に台風10号がもたらした豪雨で決壊した小貝川の水害では、当時の下館市の約4分の一を冠水させたといわれています。当時私も被災地調査に来たのですが、たくさんの畜舎が被害にあっていて、いたるところに消石灰がまかれていたのが印象的でした。側溝など、水がたまりやすいところでは蚊の発生が懸念されます。最も暑い8月よりも9月のほうが蚊が多いという話もありますので、石灰はまだまだ有効な衛生資源ですね。

3-6880-06ESDシールドバッグ(5層タイプ)ジッパータイプ250×300×0.076【箱】(as1-3-6880-06)アサヒペン AP 水性多用途EX 14L アイボリー

家の中などで一番使われているのが写真にもある「ベンザルコニウム塩化物液」で、製品名ではオスバンとか、ザルコニンとかがつけられているものです。これを薄めて散布したり、拭き掃除に使うのが一般的です。塩化ベンザルコニウムというのは俗に逆性石鹸と言われるもので、細菌やカビなどに作用して殺菌力が高いのが特徴のようです。海面活性効果もあるのですが、一方で普通石鹸と混ぜると両方の作用が合わさって洗浄効果も殺菌効果も弱ってしまうようですので、使い方についてはよく説明を読んでからにしたいところですね。

右手でグイッと岩を開ける瞬間のポーズをしているが
コメント

どんなに製品に仕上がっているのか? 発表されたばかりの情報をさっそく確認してみよう

常総市の市街地を水没させた鬼怒川の水害からほぼ1週間が経過し、シルバーウィークに入りました。今日も家族で知人の家に行き、片付け支援を行いました。水害から時間が経つにつれ、市街地には被災した家から持ち出された大量のごみがあふれるようになりました。知人宅近隣の公園もゴミの集積場となっています。災害はゴミとの壮大なる戦いでもあります。一般的な2階建て戸建て住宅の場合、重たい家電製品(冷蔵庫、洗濯機など)の多くは1階にあるので、水害の場合それらが大量にダメになって災害ゴミにも多く含まれています。今回の水害の場合、破堤した石毛方面から8キロ以上も離れた水海道地区での浸水では、「まさかここまで」と思われていた方も多かったようで、2階に家財を引き上げるタイミングも逸していたようです。また高齢化した社会では重たい家財を移動させるなどというのも現実には難しいでしょう。災害時のごみの処理は、被災した自治体ではどこでも頭を悩ませる共通課題になっています。

さて、実際に被災した家を片付けていて思うのは、基本的な掃除用具や消耗品が必要なのですが、これらに100円ショップはずいぶん役に立つのだなということでした。雑巾や軍手、ビニール袋や紐、テープなどから、スリッパ、洗剤、スポンジなど、いろいろなものが100円ショップで入手できます。もちろんいわゆるホームセンターで買ってもいいのですが、そこまできちんとしたものでなくてもよい(災害時の一時的な消耗品だ)と考えると、100円ショップは結構使えるという印象でした。かくして被災地に隣接する地区では、結構繁盛したのではないでしょうか。
ハラックス 線引くん LH-1800 アルミ製 ライン引きFENIX(フェニックス) BC21R XM-L2 T6 LED サイクリング ヘッドライト 明るさ最高880ルーメン USB充電式 BC2

ところで今回も災害臨時FM局(89.2MHz)が被災地に開設されました。実際に聴いていて疑問に思ったのは、被災者向け放送と、支援者向け放送とが混在して流されていて、上記のような必要な物資などの情報は、支援に来るほうに届いているのかな?と思うことです。そのあたりは他のコミュニティFM局や、主要メディアとうまく連携するのが大事だなと思いました。読み上げはゆっくりと丁寧に、地名や時間は正確に、放送される方はずいぶん気を使っている印象はあります。被災者に笑顔が戻る日まで、メディアが果たす役割は結構いろいろあると思いますので、ぜひ工夫して頑張っていただきたいと思います。

高校の現場で生徒に「大学の学び」を意識してもらう取り組みが広がっている
コメント

1000円のチケットを買わなければならない……高い

常総市を中心とした鬼怒川水系の氾濫による水害は、関東平野がこれまで多くの水害の上に形成されてきた事実をすっかり忘れている私たちの社会に大きな警鐘を鳴らしたものになりました。被災された方々には心よりお見舞い申し上げますが、このような水害は首都東京をはじめとして、大河川の流域ではどこでも起きうるという事実を私たちは忘れてはなりません。かつて戦後の10数年間は高度経済成長期の東東京を中心に毎年のように水害は起きていましたし、西部の多摩川でも水害は珍しいことではありませんでした。今回、破堤した鬼怒川の石下付近は常総市ができる前は石下町であったところで、多くの人たちはここでこれほどの水害という記憶を持っていられる方は少ないと思います。ましてやTXができたことで、都心部やつくば市に通う新たな住民が急増していることもあり、地域の過去の災害史には関心を持たれない方も増えているかもしれません。今回私たちのチームが立ち上げた災害対応のポータルサイトには、鬼怒川、小貝川の過去の災害についてまとめられた情報にもリンクがありますので、ぜひご利用ください。

弘進ゴム 長靴(ゴム製) ライトセーフティーワークス LSW-01 黒 28.0cm A0020AB 送料無料 同梱不可送料無料アサヒペン AP水性外かべ凹凸塗料ツヤあり 14Lベージュ

さて、ハザードマップについてはいろいろな意見が出ているようですが、これを機会にお住まいの地域のマップを再確認していただくのはよいとしても、正しくご理解いただけているか、やや不安になるところもあります。これは水害に限ったことではありませんが、「ハザードマップ」と称されて公開されているものには、おおむね2種類のものがあるようです。一つはある災害を特定して、それによる災害をもたらす現象の強度(これが「ハザード」です)を図で表現したもので、これはいわば災害想定に基づくハザードマップです。もう一つは災害の特定が科学的には難しいので、災害を特定せずにある種の「標準的な外力」を前提として作成したハザードマップです。たとえばつくば市では太平洋プレートの沈み込みに伴う地震による揺れの評価もしていますが、それよりも市の直下に起きる地震による揺れのほうが、結果的に大きな揺れとなるので(それだけプレート境界からは離れているので)、直下地震による揺れを評価したものがハザードとして使われることが多くなっています。これは外力が特定できない場合に、防災の備えとして考えておくには合理的な視点ではありますが、一方で「実際に起きる」災害の強度を表現したものとは整合しないということを理解しておく必要があります。よって災害対応に当たる行政組織や市民が、災害直後にこのハザードマップだけを前提にして災害対応するのは、誤った行動につながる可能性があります。災害対応は実際に起きている事態をいち早く把握して、それに応じて動かねばなりません。

水害の場合は特にこの点が大事です。国土交通省ではかなり精度よく予測していた場所の一つらしいですが、堤防の決壊場所を正確に想定するのはなかなか難しいことです。よって市内のどこまでが浸水するかは、起きてみないとわからない部分が必ず存在します。実際に私も常総市内を回ってみて、ほんのわずかの差で床上浸水になったところと、床下浸水で免れたところとが隣接しているのを見ました。避難も含めて水害は先手先手で対応することが肝心ですので、ここには来ないなどと思い込んでいるのはたいへん危険なことだということを忘れないでください。

送料無料 プロトリーフ バラの肥料 700g×30セット 代引き不可1" x 8 ハンドタップ(UNC/HSS)

今回の水害では私の知人もずいぶん罹災されており、私も昨日まで片付け支援に行っておりました。被災された方々の復旧のためにも、ボランティアの方々の活動とともに、被災地外の方々からの経済的支援が一番望まれます。皆様の温かいご支援をお願いします。
※2019年11月下旬入荷分予約受付中 【送料無料】アルミ出前箱 縦型 2段 053001 ポイント15倍三甲(サンコー) ベタ目コンテナボックス/サンボックス 導電性PP 64 ブラック(黒) 〔フタ別売り〕〔代引不可〕送料無料
浸水して機能できなくなった水海道さくら病院

そんなソニーの携帯電話メーカー「ソニーモバイルコミュニケーションズ」が待望の新製品を発表した コメント
高校の学びがどのように生きるのかを知ってもらうことで コメントする

天照大御神(あまてらすおおみかみ)を外に出したという怪力の持ち主である

今日91日は「防災の日」です。これは1960年に閣議決定され、以来65年間、自然災害に対する備えを新たにするために、防災関する様々な取り組みを行う日として知られてきました。休日ではありませんがこれほど周知されている記念日もないでしょう。もちろん、この日は1923年の関東大震災が発生した91日に因んだものです。毎年、この日の前後には私たちもいろいろなイベントのお手伝いをすることが多いのですが、今年はつくば市の茎崎地区にある小学校で防災の授業をお手伝いしました。対象は小学校5年生だったので、科学的な話題でも比較的理解してもらえたのではないかと思っています。しかし、毎回学校で行われる防災教育の現場に行くと感じる思いとして、私たちを取り巻くいろいろな文明の利器は果たして私たちを幸せにしているのだろうか、という疑問がどうしてもぬぐいきれません。今日も防災授業が始まる前に校長先生や地域の民生委員の方々と話をしていて、今の子供たちが「自力」で自分自身を守れるだろうかという話になりました。

洗練された持ちやすさとなめらかで高級感のあるデザインを両立したほか育良 ミニパンチャー替刃IS-106MP・106MPS(1S) H11X15B 3969541

学校の通常授業でも授業内容には必ずリスクを伴うものが含まれます。たとえば工作の時間では切削に使うナイフやノコギリ、釘や錐など、危険なものがたくさんあります。これらを一切使わずに物を作るとなると、出来上がるものはかなり限定されてしまいます。家庭科で調理をするとなると火を使うのは当然ですが(最近はIH調理機の普及で自宅に火がない子がいるそうです)、そうなるとやけどの危険もあります。リスクを避けることを徹底すると、何にリスクがあるか、そのリスクはどのようなものかを理解できなくなってしまいます。ある程度のリスクを冒さずにはリスクは理解できないというジレンマに陥ってしまいます。以前、このブログでも書きましたが、ある小学校の泊りがけ防災体験で、子供たちがサバ飯(空き缶を使って炊くサバイバル飯)調理の時に、ライターの使い方や炎の上がり方を理解していないという現実にあったように、火は熱くて危険だということは炎に直面しないとわからないのです。

仮想現実の世界ではものすごく「暴力的」な世界で遊んでいる子供たちでも、現実の暴力に直面すると対処方法が分からないでしょう。もしかすると手加減ができないで他人を傷つけてしまう事件の根本的な原因は、そのようなところにもあるのではないかと思ったりもします。

ミヅシマ工業 4120721 ハイロンマット #18 NCグレー 900X1800不二越 ベースプレート  MOB-01X-B3-10 送料無料

災害は日々進化し、私たちの防災の水準も日々向上してきました。もはや少しの雨でどろどろになる道路や、滑って危険な雪道なども、普段の生活ではなかなか体験しづらくなり、ある日突然記録的な気象現象によってその閾値を超えるような事態が発生すると、途端にお手上げになるという事態が懸念されます。大きな災害も小さな災害を観察することから発展的に考えることのできる想像力をこそ、子供たちにまず身につけてもらわないといけないのかもしれません。

一斉シェイクアウトで机の下に潜りました。上手く隠れられたかな?